導入事例で探す自動倉庫システム・おすすめメーカー3選【得意な業界・荷姿で比較】-自動倉庫ナビ
自動倉庫専門メディア-自動倉庫ナビ- » 省人化・効率化を図る自動倉庫とは » 物流倉庫の無人化・省人化

物流倉庫の無人化・省人化


目次閉じる

インターネットの普及に伴ってネット通販などの需要が拡大したことにより、物流倉庫においても24時間365日体制の業務が常態化していますが、一方で物流業界における人材不足が深刻化しています。こちらでは物流倉庫の無人化・省人化について紹介します。

倉庫の無人化・省人化の事例

物流倉庫では商品を保管するだけでなく、在庫を適正に管理して、注文があれば取り出し、さらに梱包して出荷するといった一連の作業が行われています。また、在庫がなくなったり新商品が登録されたりすれば、新たに倉庫へ品物が保管されることもあるでしょう。

世界各国のECサイトや物流関連企業では自動倉庫システムが導入されており、場所によっては入出庫作業や在庫管理といった作業だけでなく、ピッキングや梱包などの作業まで全て自動化している事例もあります。

なお、自動倉庫だけでなくECサイト企業によっては搬送ロボットなどを導入して無人化や省人化を目指しているケースも少なくありません。

倉庫を無人化・省人化するメリット

人手不足の課題を解決できる

物流業界に限らず国内の様々な業界では慢性的な人手不足が共通の問題となっており、さらに働き方改革やライフワークバランスの多様化で残業などの規制も厳しくなっていることから、物流倉庫でも作業員の確保や業務の効率化が深刻な経営課題となっています。

自動倉庫システムや搬送ロボットといった機器を導入することで無人化や省人化が進められれば、人材マネジメントの効率化や適正化が叶って、限られた人員を効果的に活用して業務体制を構築することが可能です。

生産性の向上・安定化につながる

物流倉庫には多種多様な製品や商品が保管されており、それぞれの特性に応じて取り扱い方にも注意する必要があります。

一方、全ての作業を人力で行う場合、例えば重量物を運ぶには力のある作業員を確保しなければならず、従業員の雇用体制やローテーションなどによっては作業の効率に差が生じかねません。また、急な欠勤や休職、退職などによって作業員の配置体制に混乱が生まれることもあるでしょう。

自動倉庫などのシステムを導入すれば作業効率を安定させられる上、人材マネジメントにおいてもメリットを追求することができます。

ヒューマンエラーを減らせる

物流業界や通販業界において製品の取り違えや梱包ミスといったヒューマンエラーは無視できません。また、例えば在庫管理において賞味期限や消費期限の把握を常に適正に行う体制も重要です。

倉庫管理をシステム化・オートメーション化することで、在庫管理やピッキング・梱包といった各作業に、そもそも従業員が直接に関与する時間を減らせます。そのため、結果的にヒューマンエラーの発生率を抑えられ、配送ミスや梱包トラブルといった事業リスクの予防にもつながることがポイントです。

事故を防止し、作業員の安全を確保できる

物流倉庫では高い場所に荷物を保管していたり、高所にある荷物を積み下ろししたりといった場面が日常的に発生しています。そのため落下事故や転倒事故のリスクも常態化しており、作業員の安全確保は物流倉庫の健全な運用において大切です。

自動倉庫などの導入によって、そもそも荷物の運搬や入出庫といった作業に従業員が関与する機会を減らせられれば、事故リスクを軽減して作業員の安全性を高めることにもつながります。

スペースを最大活用できる

人力による倉庫管理作業では、どうしても保管棚の高さや積み上げられる荷物の重量などに制限があります。しかし自動倉庫などを導入することで、従来であればデッドスペースになっていた高い位置にも効率的に荷物を保管できるため、限られた敷地面積であっても効果的に活用することが可能です。

また、作業員の動線を削減して利用可能なスペースを増やせるといった点もメリットです。

倉庫を無人化・省人化を進めるデメリット

導入費用・運用コストがかかる

自動倉庫システムや搬送ロボットなどの導入には、どうしても導入費用や運用にかかるランニングコストといったコストが発生します。

どれほど効率的に作業を行えるようになったとしても、導入コストがあまりにも高ければ結果的に事業性は悪化します。また、各種機械の運用には定期点検や日常的なメンテナンスといった作業が必要であり、そのような保守点検にかかる費用は電気代などと合わせてランニングコストの一部です。

新たな運用体制の確立が必要

どのようなシステムや産業用ロボットであったとしても、新しい作業スタイルを導入すれば必然的に新しい運用体制や管理体制のフロー構築が必要となります。また、すでに働いている従業員に対して、従来の業務フローでなく新体制における業務フローを改めて共有して理解させることも必要です。

きちんとした情報共有や管理体制の実現が行われていない場合、せっかく優れたシステムを導入しても無駄になってしまう可能性があるでしょう。

倉庫の無人化・省人化を実現するシステム

自動倉庫システム

自動倉庫システムは、各種品物の保管や在庫管理、ピッキングや入出庫といった各種作業をまとめてオートメーション化・システム化できる製品です。

既存の倉庫に導入できるものから、倉庫の物件そのものを建て替えてオートメーション化するものまで様々な自動倉庫が存在しており、保管する製品の特徴によっても適したスタイルが異なります。

日本国内でも様々な自動倉庫システムのメーカーが存在しており、実際の導入には比較検討が必要です。

自動搬送ロボット(AGVやAMRなど)

自動搬送ロボットとは、主として床へ設置しているガイドラインなどに沿って自動走行し、必要な品物をピッキングして指定の場所まで搬送する「無人搬送車(AGV)」や、自律走行によって任意の場所にある保管品を運搬する「自律走行型搬送ロボット(AMR)」などの産業用ロボットです。

従来の倉庫にも導入しやすく、無人化や省人化を進められるというメリットから、国内外の物流倉庫においてもしばしば導入されています。

ピッキングシステム

ピッキングシステムとは、倉庫におけるピッキング作業を自動的かつ効率的に行うためのシステムの総称です。具体的には全てのピッキング作業を自動化できる倉庫システムから、音声案内やデジタル表示などによってピッキングすべき対象を従業員へ知らせる設備まで様々なものが存在しています。

システムの内容によって導入コストや作業フローが変わってくるため、自社のニーズや条件に合わせて各製品を比較検討することが大切です。

倉庫管理システム(WMS)

倉庫管理システム(WMS)とは、倉庫内にある物品の在庫管理や保管状況の管理、さらに入出庫作業などを一元管理するためのシステムです。

例えばバーコードによって商品を管理して取り違えリスクを予防したり、作業の進捗をリアルタイムで管理できたりと様々なメリットがあります。

また、倉庫管理システムには大きく分けてクラウド型とオンプレミス型が存在しており、自社の設備状況やニーズに合わせて製品を選択するようにしてください。

まとめ

慢性的な人口減少や労働力の低下、またリモートサービスやオンライン通販などの一層の普及によって、物流業界や物流倉庫における人手不足の問題がこれまで以上に深刻化しています。

自動倉庫システムや自動搬送ロボットのような機器を導入することで作業の無人化や省人化を促進することが可能となれば、限られた人材を効率的にマネジメントできるようになり、ヒューマンエラーや労働災害といったリスクについても対処しやすくなります。

【製品・荷姿別】
自動倉庫メーカー3選
重量物、長尺物、
危険物など
特殊なものを扱う企業向け
西部電機
西部電機のイメージ画像

引用元:西部電機公式HP
https://www.seibudenki.co.jp/

  • 国内初※1の自動倉庫固有技術を開発したノウハウで長尺物、吊上げ荷重19tを超える重量物にも柔軟に対応
  • 冷凍冷蔵、危険物など特殊な製品にも用途に合わせた専用のクレーンで自動化を実現。
実績のある主な業種
金属・機械製造
食品・飲料製造
製紙・印刷
納骨堂

公式HPから現場に合わせて
カスタマイズできる
自動倉庫を確認

電話で問い合わせる

原材料、食品、配送品など
大量の定型物を扱う
企業向け
ダイフク
ダイフクのイメージ画像

引用元:ダイフク公式HP
https://www.daifuku.com/jp/

  • 売上高がマテリアルハンドリング企業で世界一位の実績で多くの物流製品を自動化。(2024年2月時点公式HPより)
  • 海外拠点にも自動倉庫を提供し、国内外の流通を支援
実績のある主な業種
物流
食品・飲料製造
eコマース
自動車

公式HPから
自動倉庫の実績や特徴を
確認

電話で問い合わせる

半導体機器、電子部品など
クリーンルームが必要な
ものを扱う企業向け
村田機械
村田機械のイメージ画像

引用元:村田機械公式HP
https://www.muratec.jp/

  • 半導体の製造工場向け搬送システムの特化した分野で30年以上の実績
  • クリーンルーム用の各種搬送システムや保管設備などのクリーンFAシステムを提供。
実績のある主な業種
半導体
液晶パネル製造
機密機器
医薬品製造
化粧品

公式HPから
クリーンFAシステムの
特徴を確認

電話で問い合わせる

※Googleで「自動倉庫」または「自動倉庫 メーカー」と検索した結果から、自動倉庫システムの提供事業を営んでいる42の会社を調査。導入実績の掲載が公式HPにある14社をピックアップ。その中から下記の条件で3社を選出。(調査日:2024年2月22日)
西部電機:調査した会社の中で特殊仕様に合わせたクレーン数が最多。目的に合わせて自由にカスタマイズ可能
ダイフク:物流配送の導入事例数が最も多く、マテリアルハンドリング業界で売上高世界1 位(2024年2月時点)
参照元:ダイフク公式HP(https://www.daifuku.com/jp/company/news/2023/0516_01/)
村田機械:調査した会社の中で半導体製造において唯一クリーンルームの製造から管理配送までワンストップで対応
※1 参照元:西部電機マテリアルハンドリングシステム